1. 視力回復 >
  2. コンタクトレンズ >
  3. 乱視 >
  4. 乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう! >
  5. 乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!の8番目の画像

乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう! の8番目の画像

乱視 使用制限は必ず守ろう 出典:tse1.mm.bing.net

目に違和感がある!と感じた人は、カラコンの使用をすぐ中止してください。
角膜が酸素不足だという警鐘です。
あるいは角膜に傷が付いて炎症を起こしている証拠です。
違和感を感じるのは他にも、汚れ、水分不足、ドライアイ、アレルギー、ベースカーブなど購入時の処方合わせの不具合もあります。

違和感を放置すると結膜炎や角膜炎、角膜潰瘍、角膜びらんなど怖い角膜の病気を引き起こします。
上の写真はコンタクト不具合による角膜炎が起こっている様子です。

花粉症の人は、症状が軽い人を除きコンタクトレンズの使用を避けた方がいいでしょう。
使用したい場合は、眼科医の指導を受けましょう。
もしくはカラコンではなく、ハードコンタクトやワンデータイプのソフトコンタクトを選んだ方法がいいかもしれません。
それらコンタクトも連続装着は危険です。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!
乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!

乱視用カラコンは近年、美容目的で爆発的に人気を集めています。乱視用カラコンは、日本製がまだ少なく外国製が圧倒的に多いのです。カラコン視力補正用カラコンと同...

2016-08-29

品川近視クリニック